【お役立ち情報】理想的な身体の為に骨盤のケアブログ:16-05-30


ダイエットでは、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためには食べる事制限が必要となるのですが、
多くの人は、食べる事制限を勘違いしています。
食べる事制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かにダイエットでは
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
一日2食の食べる事しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違ったダイエット方法なのです。

一日3食は必ず食べるようにして、
その3食の食べる事から摂取カロリーを減らすのが
正しいダイエットの基本です。

でも世の中には、
ダイエットに失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それは食べる事方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「食べる事の質」と「食べる事の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
一日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
あさはほとんど食べずに、お昼ちょっと食べて、
真夜中たくさん食べる…
そんな食べる事の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このように食べる事は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分の食べる事を見直しましょう。


ハウスメーカーおすすめ
http://www.toyotahome.co.jp/

引越し 相場の詳細
http://ka-center.jp/himitsu/souba.html

引越し 比較
http://ka-center.jp/himitsu/comparison.html

藤丸敏
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40007001001